ビートのシェービングでの脱毛

ビートのシェービングで脱毛する

ビート,シェービング,脱毛

 

ビートのシェービングにはセンシティフ・タッチがあります。1本で顔もビキニゾーンのお手入れが簡単で、刃が肌に直接触れる事がないので、優しく使えて綺麗な仕上がりになります。付属のヘッドを付け替えるだけで、長さやカタチを思い通りにスタリングが可能です。

 

ビートで初の電動ビューティートリマーで、使用方法は顔用トリマーヘッドにコームを取り付けます。お好みの長さに刃を6ミリと16ミリから選べて、眉に本体を当てて眉毛の流れに逆らって動かしていきます。綺麗な仕上がりになるように、コームを取り外して顔用シェービングヘッドを使用して、眉と顔の他の部分は刃を6ミリと16ミリで使い分けます。

 

本体を優しく肌に当てていき、眉毛の流れに逆らって押しながら動かしていきます。デリケートなビキニゾーンの整え方は、顔用トリマーヘッドを回して外していきます。ボディ用のトリマーヘッドをカチッと音がするまで回して取り付けて、コームを取り付け好みの長さを4段階から選んで使います。

 

シェービングはコームをはずしてシェービングを行い、本体を優しく肌に当てていきます。毛の流れに逆らって動かし、本体を回しながら完璧な仕上がりと理想的な形を作りましょう。

ベビーオイルを塗ってから脱毛する

ビート,シェービング,脱毛

 

カミソリ等で自己処理を行う前に、ベビーオイルをシェービング剤の代わりに塗って剃る方法があります。足等のムダ毛を剃る時には、何も付けないで剃ってしまうと滑りが悪くなり肌を痛めやすくなります。石鹸やボディーソープ等だと油分が多過ぎたり洗浄成分が強くて、肌に刺激を与えてしまいます。

 

ベビーオイルを塗っておくと、肌を保護する成分や元から肌に優しいのでカミソリによる肌への負担が減ります。カミソリで足を剃った後には、肌の表面の角質を少なくても削っています。赤みが出たり肌荒れがしやすくなっているので、剃った後はなるべく水を絞ったタオル等でアイシングを行います。

 

その後に保湿ケア化粧品を利用して、肌を保護する事が大切です。カミソリでの自己処理は手軽で簡単に出来るが、肌トラブルを招きやすいデメリットがあります。脱毛前の準備と脱毛後のアフターケアを行う事により、肌トラブルを軽減出来ます。

 

剃る時にはお風呂上がりに行うのが1番良く、剃る前に温水をかける事によって肌の汚れを落として剃りやすく出来ます。蒸しタオルを使って、毛の1本1本に水分を含ませる事により毛が膨張するので剃りやすいです。

 

上から下に毛の流れに沿って剃り、脇は毛の流れがバラバラであるので見極めて剃るようにしましょう。

シースリー小田原店のご予約はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでC3(シースリー)の詳細をチェックしてみてください。